スマートフォン

【実証実験】iPhoneSE2のバッテリー駆動時間と充電時間を調べてみました

マサユキ
マサユキ

コロナウィルスによる”STAY HOME週間”の在宅時間を利用して、iPhoneSE2のバッテリー駆動時間と充電時間について実証実験を行いました。

スマホを利用する環境でバッテリー状況も異なるため参考程度になりますが、iPhoneSE2の購入を考えている人はiPhoneSE2のバッテリーがどれくらいもち、どれくらいの時間で充電がきるのかを知る目安にして下さい。

iPhoneSE2のバッテリー概要

iPhoneSE2を「初代iPhoneSE」やiPhoneの中で最大のバッテリーを持つ「iPhone11 Pro MAX」とバッテリースペックを比較すると次のようになります。

iPhoneSE2 Apple公式 バッテリー比較「Apple公式HP」より

ビデオ再生時間などを見るとiPhone11 Pro MAXに比べて物足りなさを感じるiPhoneSE2ですが、ワイヤレス充電や高速充電への対応など、初代iPhoneSEから比べるとバッテリーも随分スペックアップしていることが分かります。

【実証実験】iPhoneSE2のバッテリー駆動時間

Apple公式HPには「1回の充電でビデオを最大13時間再生できます。」と紹介されていますが、実際はどうでしょう?

iPhoneSE2 Apple公式 バッテリー駆動時間「Apple公式HP」より

今回はYouTubeの視聴時間でバッテリー駆動時間を計測してみました。

確認方法はバッテリーを100%にフル充電後、YouTubeを流しっぱなしにして放置する単純な計測方法です。

iPhoneSE2 バッテリー駆動時間 計測

フル充電からバッテリー残量が0%になるまでの時間を10%ごとに計測した結果がコチラになります。

【iPhoneSE2 バッテリー駆動時間】
バッテリー残量 経過時間 10%毎の時間
90% 1時間4分 64分
80% 1時間49分 44分
70% 2時間35分 46分
60% 3時間22分 46分
50% 4時間11分 48分
40% 4時間53分 41分
30% 5時間39分 45分
20% 6時間17分 38分
10% 7時間4分 48分
0% 7時間52分 48分

※秒単位は切り捨て

4時間少々でバッテリー残量の約半分がなくなり、約8時間で全てのバッテリーがなくなりました(突然画面が暗くなりました)

10%毎の時間を見てもらうと分かるように、100%→90%までのバッテリーの減りが遅く、その後は平均して45分前後で10%のバッテリーが減少しています。

このような結果から、iPhoneSE2はバッテリーのフル充電後にYouTubeを約8時間見られることが分かりました。

バッテリーの経年劣化もありますが、初代iPhoneSEはフル充電後に4時間ほどしかYouTubeを見られなかったので、私を含め初代iPhoneSEからiPhoneSE2に買い換えた人はiPhoneSE2のバッテリーの持ちが十分に感じるかもしれません。

一方、1日充電なしで利用できるバッテリー容量の大きい最新スマホを利用してきた人にとっては少し物足りないバッテリー容量に感じるかもしれません。

マサユキ
マサユキ

余談ですが、8時間程YouTubeを流したままにしましたがスマホ本体は若干暖かくなる程度で、熱を持つよなことはありませんでした。



【実証実験】iPhoneSE2のバッテリー充電時間

バッテリーの持ちである駆動時間を確認した後はバッテリーの充電時間を計測しました。

iPhoneSE2を買った時に入っていたApple純正の充電器とBelkinのワイヤレス充電器で、それぞれバッテリー残量が0%の状態からフル充電までの時間を計測してみました。

Apple純正充電器

iPhoneSE2 バッテリー充電時間 Apple純正充電器

Appleの純正ケーブルで充電した結果がコチラになります。

【iPhoneSE2 バッテリー充電時間(Apple純正充電器)】
バッテリー残量 経過時間 10%毎の時間
10% 10分 10分
20% 22分 12分
30% 36分 14分
40% 49分 13分
50% 1時間2分 13分
60% 1時間16分 14分
70% 1時間31分 14分
80% 1時間45分 13分
90% 2時間 15分
100% 2時間36分 35分

※秒単位は切り捨て

Apple純正の充電器は約1時間でバッテリーの半分まで充電することができ、フル充電までには約2時間30分かかりました。

体感的に最初の0%から10%までの充電が早いと感じましたが、1分1%の速さで充電されていました。

マサユキ
マサユキ

バッテリーを10%以下まで使い切ることはほとんどありませんが、バッテリー切れで急いで充電する時もこれだけ充電時間が早いと助かります。

バッテリーの駆動時間では長く持った100%→90%の充電帯は充電する時にも時間がかかり、他の充電帯の倍以上の時間(35分)がかかりました。

しかし、90%までは15分以内に10%ずつ充電されていくので、Apple純正の充電器でストレスなく充電することができます。

Belkinワイヤレス充電器

iPhoneSE2 バッテリー充電時間 ベルキン ワイヤレス充電器

私がiPhoneSE2と同時に購入したBelkinのワイヤレス充電器で充電した結果がコチラになります。

【iPhoneSE2 バッテリー充電時間(Belkinワイヤレス充電器)】
バッテリー残量 経過時間 10%毎の時間
10% 7分 7分
20% 22分 15分
30% 35分 13分
40% 52分 17分
50% 1時間4分 12分
60% 1時間20分 16分
70% 1時間36分 16分
80% 1時間57分 21分
90% 2時間23分 26分
100% 3時間6分 42分

Belkinのワイヤレス充電器は約1時間でバッテリーの半分まで充電することができ、フル充電までには約3時間かかりました。

Apple純正の充電器に比べるとフル充電までに30分程余計に時間がかかることが分かりました。

しかし、最初の10%はApple純正の充電器よりもBelkinのワイヤレス充電器の方が早く、50%まではほぼ変わらない速さで充電していることが分かります。

60%以降の充電帯ではApple純正の充電器に比べて充電スピードが遅くなりましたが、思っていたほどワイヤレス充電器の充電スピードも遅くないと感じたのは私だけでしょうか?

【充電速度比較】Apple純正充電器ーBelkinワイヤレス充電器
バッテリー残量 Apple純正充電器 Belkinワイヤレス充電器
10% 10分 7分
20% 22分 22分
30% 36分 35分
40% 49分 52分
50% 1時間2分 1時間4分
60% 1時間16分 1時間20分
70% 1時間31分 1時間36分
80% 1時間45分 1時間57分
90% 2時間 2時間23分
100% 2時間36分 3時間6分
マサユキ
マサユキ

iPhoneSE2の購入をきっかけに初めて購入したワイヤレス充電器ですが、3年保証も付いたBelkinの充電器を選んで良かったです。

まとめ

iPhoneSE2のバッテリー駆動時間と充電時間について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

最新のスマホに比べてバッテリー容量の少なさを指摘されているiPhoneSE2ですが、バッテリーの持ちや充電スピードの速さから、小さなポータブルバッテリーを1つ持っていれば1日外出する時も安心して利用できると感じました。

スマホ本体のサイズや重量とバッテリー容量を天秤にかけながら、自分に合ったスマホを探してみて下さい。

この記事がiPhoneSE2のバッテリーのもちや充電時間を知る時の参考になれば幸いです。

iPhoneSE2の開封と初代iPhoneSEとの違いを簡単レビュー発売日である本日4月24日に届いたiPhoneSE2を実際に手に持って感じたことや初代iPhoneSEとの違いなどを簡単に紹介しています。 初代iPhoneSEからの買い換えや新たにiPhoneSE2の購入を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...
iPhoneSE2 1week
iPhoneSE2を1週間利用して感じたメリット・デメリット初代iPhoneSEからiPhoneSE2に買い換え1週間程経ちましたが、利用する中で感じたメリットとデメリットについて紹介します。 これからiPhoneSE2の購入を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...
iPhoneSE2で人生初のアップルペイ(Apple Pay)デビューした話自動販売機やコンビニで初めてアップルペイを利用した「アップルペイデビュー」の様子について紹介しています。 私のように今までアップルペイで買い物をしたことがない人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...